メタトロン(量子波動器)

メタトロンは、ロシア人科学者ネストロフ氏によって開発されたエントロピー測定機器です。

東洋医学やアーユルヴェーダ、ホメオパシーなどの考えが広く取り入れられており、世界最先端技術と伝承医学を融合させることにより、全身の生体磁場エネルギー情報を読み取り、脳を通して周波数によって情報伝達がうまくできているのかを測定し、細部にわたって 体のバランス状態を調査し、調査結果をパソコンの画面にわかりやすく表示します。

問題の因果関係もわかりやすいので、ホリステックな見地から未病を防ぐための対策をすることが可能です。

生体内の各器官や細胞は、それぞれ特定の放射スペクトルを持っています。

この放射スペクトルのノイズの背景にある周波数特性を測定すると、生体エネルギーがどのように変化しているのかを簡便に測定することができます。

エントロピーとは

エントロピーとは

エントロピー(英: entropy)は、熱力学および統計力学において定義される示量性の状態量である。熱力学において断熱条件下での不可逆性を表す指標として導入され、統計力学において系の微視的な「乱雑さ」を表す物理量という意味付けがなされた
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまり、 エントロピーとは、熱力学における不可逆性の度合いを数値化したものです。

”不可逆性”とは、一方向には進むものの、逆方向には戻らないという事を指します。目には見えないエントロピーを測定し可視化することで、生体エネルギーがどのように変化しているのかを知り、体が持つ特定の音(周波数)を用い、正しい音を送ることで音同士の共鳴により本来の周波数に戻していくことを可能にしました。

メタトロンの周波数とは

メタトロンの周波数とは

メタトロンは、体の周波数を測定をしています。周波数というのは、音と言い換えることもできます。

メタトロンは体の中の音の共鳴を調べることで測定をしています。CTスキャンやMRIは電磁波や放射線を使って体の中を測定しています。この場合、電磁波や放射線を使っているという怖さがあります。しかし、メタトロンは音を測っているだけなのでとても安全な測定器です。

その音(周波数)は脳で測定しています。放出波を脳の発生源から「検出」し、次にそれらの情報を解読分析してコンピューター画面上で視覚化します。そこで、細胞の仮想モデルが特定の区分色で作成表示されます。

音の反応によって内蔵、体の中を見る仕組みを開発したのがメタトロンです。メタトロンでの測定は、胃とか肝臓とか測定したい部分を直接見ているわけではなく、全て松果体を通して行われています。ですからメタトロン測定する時は、頭部にヘッドセットを着けてもらいます。

体には37兆個の細胞があります。そして、臓器はそれぞれの固有の周波数、つまり音を持っています。ピアノでも全部音が違うように、心臓はこの音、肝臓はこの音というように、体の部位、箇所ごとに決まった音があるのです。そして、体の場合、それらの音は全て1.8~8.2ヘルツの間にあります。メタトロンは、体の周波数がその臓器・箇所ごとに音が合っているかどうかを調べているのです。

人間はもちろん、猫や犬といった動物も一緒です。皆、同じ周波数を持っています。心臓は全部この音(周波数)、肝臓はこの音、というように、動物も人間もすべての臓器の音は決まっています。そのため、動物にもメタセラピーができます。(メタトロンを導入している動物病院も全国に多くあります。)

メタトロンは12段階評価で音を測定しており、周波数が正しければ2~3くらいまでの評価で測定されます。アンバランスがある、つまり周波数が本来の音からズレている場合、4・5・6といった表示になります。私ともが使用している、ウエルビーイングという機種ですと約5000項目の周波数を調べています。

測定でわかる項目

(1)体の状態 測定時点での体の状態がチェックできます。

メタトロンは体の各所について周波数を測り、その周波数から「適切な動きをしているか」を6段階・12段階(増殖の波形6段階、炎症の波形6段階)で表示。
6段階・12段階(増殖の波形6段階、炎症の波形6段階)の項目は1が正常、2から徐々に機能低下の兆候を示していき、6になると「機能の低下が著しくなっています」と表示されます。

体の状態

(2)チャクラの状態

チャクラとは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの考えに基づく「気の流れ」のことです。
最新バージョンでは体全体を巡る7つのチャクラについて状態測定ができるようになりました。第1・第2のチャクラは肉体や生命活動に関するチャクラで、第3チャクラは消化器系、第4チャクラは心臓や肺などに関わっています。第5チャクラは甲状腺や喉を、第6・第7チャクラは脳に関連しています。

チャクラの状態

(3)自分に合う食べ物と合わない食べ物

メタトロン波動測定器では「体が共鳴するかいなか」を計測できるので、イチゴやピーマンなど、食材レベルで自分に合うものと合わないものもチェック可能です。共鳴していればその食材とは相性が良く、共鳴していなければあまり積極的に食べる必要はないと判断できます。

自分に合う食べ物と合わない食べ物

(4)自分に合う漢方やハーブ、アロマ

体に合う漢方やハーブ、アロマも知ることができます。たとえば「生姜が体に良いので、積極的に摂ると良い」などとアドバイスしてもらえるので、漢方薬やハーブを使う際の参考になるでしょう。

自分に合う漢方やハーブ、アロマ

(5)自分の体質に合う薬やサプリメント

体質に合っている薬やサプリメントも確認できます。ただしこちらは日々の体の状態(吸収力)などにも左右されるため、参考として受け止め、相性が良くないとされる薬も敬遠しないように注意しましょう(病院で処方された場合は服用を)。

自分の体質に合う薬やサプリメント

(6)将来かかる可能性のある病気

こちらも薬やサプリメントと同様に参考情報となりますが、将来かかるかもしれない病気もチェックできます。特定の病気や未病を診断する機械ではありませんので、体調に不安がある場合は必ず病院を受診してください。

将来かかる可能性のある病気